スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は…(丹波橋☆あーりん)

早いもので劇団未踏座第71回本公演「今度は愛妻家」の本番から1週間ほど経ちました。

たくさんのツイート、アンケートを読ませていただきました。
ご意見ご感想ありがとうございます。

演出面で拙いところが多々あったかと思います。ああすればよかったこうすればよかったと後悔ばかりです。

でも、なんだかんだ最後の公演の演出をやれてよかったな、と思ってます。

拙いながらもついてきてくれた団員に感謝です。ありがとう。

ついに終わってしまった〜。

さて、閑話休題、自分の話を少ししたいと思います。

自分はこの劇団未踏座でずっと役者をし続けました。ずっとずっと演劇をしてきました。

だから偉いんだぞって話をしたいのではありません。ずっと未踏座に居たからこそ見えたもの、というのを伝えたいです。

未踏座でずっとずっと役者をしていて、稽古場の隅からこの未踏座の歴史の一端を見つめていたような気がします。人は変わるし、入れ替わるし、居なくなるし、新しく入って来るし、たくさんの変遷を見つめてきました。

感情が大事だという人もいれば、笑いが大事だと言う人もいる。厳しい稽古場がいいのだと言う人もいれば、それは違うという人もいる。

ただ、自分が思うのはこれからも時代に合わせて変えていかなければいかないところもあれば、譲らずに守っていくところもなければいけないということです。

これまでもきっとそうだったのだと思います。先輩から教えてもらったこと全てを次の代に教えることはできません。
年を重ねるごとに教わったことは風化し、なくなってゆきます。

でも、変わらずにいるところも少なからずあるはずです。

本公演の期間に何度か「それで後悔しないのか」とみんなに怒ったことがあります。

あれは今思うと自分自身に言っていたことなのだろうと思います。

こんな演出で後悔はしないのか、と。

正直、教えたいことは何も教えられませんでしたし、もっともっとたくさんのことを教えたかった伝えたかったはなしたかった。

自分が教えてもらったことを後輩に伝えるのが先輩たちへの恩返しだと思うし、これからの未踏座を作る上で大事なことだと思います。

でもそれが出来なかった。
悔しいです。自分の要領のなさ故、今更悔やんでもしょうがないですが。

しかし、これも時代の変遷の一つというか、変わってしまったことの中の一つになってしまったというか。


そんな風に演劇を打ち込んだ場所。

劇団未踏座。学生演劇。


学生演劇とは何なのだろうか、と最近よく考えます。


学生演劇は学生がお金を出し合ったり、学校の決まりなどを守ったり、いろんな制限の中で作り上げられるものです。

プロのように知識があるわけでもなく、技術があるわけでもないです。
学生演劇でおもしろい作品など相当なことがない限り生まれない。
かなり失礼かつ自虐的なことを言ってるかもしれませんが、事実だと思います。

でも、それでも学生演劇が楽しいのはその人たちらしさがありありと映し出されるからだと思います。


失敗しても、うまくいかなくてもそれでも楽しい。もっともっと良いものを作りたいと奮闘し、その座組の人たちの色がたくさん滲み出て来る。


それが楽しいのだと思います。
観てる人も、作っている側も。


思えば今回の本公演もとても自分らしい公演だったなぁと思います。
どこらへんがと聞かれるとうまくは答えられませんが、、。


なので、どうか、これからも未踏座で頑張る後輩たちはうまくできないからと言ってあきらめないでほしい。変に気張らないでいいから自分らしいことをやってほしい。




やりたいことやったもん勝ちです。


演劇って楽しいよ。





そんな演劇生活に一区切りです。


私たちが部室棟までの道をみんなと通ることはもうありません。

稽古終わりや作業終わりに歩くことはありません。

あの舞台に上がることはもうありません。

あの稽古場に来ることはありません。


これからは後輩が作り上げ、歩んでゆく場所です。
その場所にもう自分たちが居続けることはできません。



2回生が引っ張り、1回生がついてゆき、そしてその2回生は3回生になり、1回生は2回生になり、そして私たちが知らないまだ見ぬ後輩たちがまた入団し、新しい未踏座を作り上げていきます。

そうやって時は流れていきます。

ずっとずっと繰り返してきた光景なのだと思います。



さぁ、今度は君たちの番です。
もっともっとこの未踏座を良くしてください。

私たちが出来なかったことをやってほしいな、なんてことも思うけど、一番は自分たちが信じることをやり遂げてほしい。
楽しんでほしい。
一生懸命になってほしい。



最後に、
この公演が無事に終わることができたことへの感謝の気持ちを述べたいと思います。
本当にありがとうございました。



そして、後輩たちに向けて一言。
















いってらっしゃい。
スポンサーサイト

寒いですね(BIG-B)

おはこんにちはこんばんは。
BIG-Bです。
劇団未踏座第71回本公演「今度は愛妻家」では、役者・装置・舞台監督補佐を務めさせて頂きました。
今回の公演をもって卒団なのですが…最後まで気の休まる暇も無く過ごしていました。



さてさて、
このブログ。
真面目に書くか、ふざけて書くか。それとも適当に書くか。








真面目路線でいきましょう。




約三年間を未踏座で過ごしました。
多くの先輩の卒団を見送りました。
先輩を見送った分、新しい後輩を迎えました。
その後輩達に、気がつけば見送られる立場になりました。

自分は副幹事長や文祭担当などという立場であったりして、他の同期よりも後輩と過ごした時間は長いと思っています。

後輩の頑張っている姿や苦しんでいる姿も沢山見てきました。

未踏座ほど精神的に苦しい団体はなかなか無いと思います。

そんな中で後輩達の成長を見守りました。
最初は何も分からなかった子も、今ではすっかり頼れる存在へと変貌を遂げました。

ものすごいスピードで成長していく後輩を見て、それに負けないようにこっちも頑張って…。
後輩にはいろいろもらいました。

「後輩は偉大だぞ」

という言葉を先輩から頂きました。その通りです。
みんなにもこの言葉は覚えていて欲しいです。

同期のみんなにはさんざん支えてもらいました。
ありがとう、と。
頼りになりました。

先輩にも、ありがとうございます。
いっぱい迷惑とか、その他もろもろ、掛けたと思います。



それでは、最後、
今まで自分を支えてくださった全員に伝えたいことを。












































































ありがとうございます。





































やっと卒団やー。

有終完美(貴船涼)

こんにちは貴船涼です。
12月も1週間が過ぎてどんどん冷え込んできましたね。
秋なんてあっという間で、なかったような気がします。
秋の間は準備を重ねてきたからでしょうか。

今回の本公演が私たち3回生の最後の公演になります。
長いようであっという間で、なんならまだこれで終わりという自覚はわきません。
私は結局3年間ずっと衣装部署で衣装を考えてきまして。
色んなことを先輩から教わって、入ってきた後輩に教えてもらったことを受け継いで、自分なりに還元してきたつもりですが、全て教えられたかと言われると自信はないし、まだまだ一緒に活動したい気持ちはいっぱいあります。
でもいつまでもかかりきりではいけないし、自分たちで未踏座を担っていってほしい気持ちもあり。
置いていくのが惜しいような、手放してやったほうがいいような。
子離れできない親の気持ちだろうか。

寂しいけれど全力で後輩にもお客様にも向き合ってやり遂げることが今自分にできることなのかなと思ったりもします。

同期は…同期は別にいいや。
君たちが同期でよかったよ。うん。

今回の舞台は今まで自分がやってきた舞台の中でもなかなか衣装構成が大変だなぁという印象で、話し合いから実働まで後輩たちが主体になって動いてくれたのが嬉しかったり。
成長したんだなぁ…。

上回生から下回生へ、どの部署も受け継いで教えたもので、新たな場所で出来上がった舞台を当事者ながら眩しく感じています。
みんなで作り上げた本公演、是非ご来場くださいますと幸いです。



最後に愛しい後輩と、大好きな同期と、それからご来場くださるお客様に、最大限の感謝を込めて。
ありがとうございました。
これからの未踏座もよろしくお願いします。

ご来場お待ちしております。

だれとく(余ティムラ)

こんにちは。知る人ぞ知る、余ティムラです。

ブログというのは宣伝に使うものなのか、団員の様子に興味をもってもらうものか、深く考えたことのないまま三年間を過ごしました。

今回は好き勝手なことをつづらせていただくことにします。すいません、完全に身内対象で。


いつもどおり読みやすい文章ではないですが、響く人に響けばいいなと。



この三年間、反省しっぱなしでした。
辛かったことは山ほどあります。
乗り越えられた壁もあれば、耐えきれずに乗り越えられなかった壁もあります。

正直なところしんどかったことが多いです。
芝居でも運営でも、初めはやってて楽しいけど、だんだん楽しみより苦しみの方が強くなってくるし。
そのうちに自分の至らないところが見えてくるし。
周りから冷ややかな視線を感じることもたくさんあるし。


でもなんとかここまで腐らずにやってこられました。
ずっとやってみたかった、お芝居をするという夢を叶えることができて。
それも何度か舞台に立つこともできて。
嬉しいことにときどき褒めていただけることもあって、それをモチベーションにして続けられたところも大きいです。

結局、もっとこうすれば…!とか思う悔しさは未だに尽きないですが。
それはまた別の機会に活かせたらなって思います。


厳しくも可愛がってくださった先輩方、いつも寄り添って励ましてくれた同期、実務の面でも気持ちの面でも支えになってくれた後輩達、
ありがとうございます。

この三年間、劇団未踏座にいられてよかったです。


夢は叶いました。
さよなら。

明日へ.....(森岡勇偉)

お疲れ様です。
森岡勇偉です。
ついに自分にとって最後の未踏座の公演となりました。
最後.......。
ほんとあっという間でした。
一回生の時同期よりも遅れて6月くらいに未踏座に入部して右も左もわからず、あたふたして不器用で迷惑ばかりかけていた僕が、今のこの時期まで未踏座にいれたのは........












後輩、同期、先輩の皆さんのおかげなんです。










この方々の支えがなければ、今の自分はいないなと。失敗ばかり繰り返しました。もう自分はどうしようもないなぁと落ち込んだ事が何回も何回も何回もありました。
でもその度、後輩の未踏座の活動に対して一生懸命な姿や演劇を楽しむ笑顔を見て自分も楽しく頑張ろう!と思えたり、同期が「勇偉、飯行こうぜ‼」と誘ってくれて自分の話を長い時間聞いてくれて心のわかだまりが解けたり、先輩方が僕たち後輩を引っ張ってくださってる姿を見て自分もこんな先輩方になれるように、頑張って追いつけるようにしよう!と思えたり、自分が今のこの時期までいれたのは本当に本当にまわりの方々のおかげなんです。




自分にとってかけがえのないものだと思ってます。




だからこそ、未踏座から離れるのは寂しいです。でも別れはいずれやって来る......。最後の本公演。最後の未踏座での役者。最終日までやりきろうと思います。頑張ります。そして、今日よりもっと明日はいい日にするため.........僕は頑張ります。
全身全霊、ありがとうございました!と声を大きくだして言えるように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。