スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「わっしょい、広報宣伝」(南モナ)

お久しぶりです。最近寒くなりましたね。南モナです。


今回の本公演、私はなんと初☆スタッフオンリーでございます。


はい、夏公、有志に引き続き広報宣伝です*\(^o^)/*
2公演、広報宣伝を経験しましたが、まだまだ知らないことが多くてわたわたしてますヽ(´・ω・`三´・ω・`)ノ
学習の日々です。はい。


ちなみに、10月31日から11月2日に文祭公演があります!
私も劇団ダンボールと劇団尤小屋(いぬごや)の方に役者として出ますよー!
劇団未踏座がほぼ全員出ている文祭公演、本公演の前にいかがですか?
会場でお待ちしております!


以上、年々寒さに弱くなっている南モナでした╰(‘ω’ )╯三
スポンサーサイト

「鍋の季節(ˇωˇ)」(なとこ)

こんにちは。最近寒いですね。 鍋にはまっているなとこです。 むしろ最近鍋しか食べてないなとこです。

食べ物と言えば最近は秋限定のお菓子をよく見ま す。 栗味とか焼きいも味とか~……

秋がきてるんだなー、

季節は知らない間に変わっていきますね。

私たちは何を見て、何を感じて季節が変わったと思 うのでしょうか?今思えば不思議です。 でも、季節を感じさせてくれるものはたくさんあり ます。例えば、色、食べ物、

物……。

そして、四季を感じて楽しむという行為は本当に美 しいなと思います。

今は…秋ですよね!?もう寒くてこたつを出したい 気分ですが(笑)

実は今回のお話にも季節というテーマが関わってく るんです! どんな風に関わるかは来ていただければわかると思 います!はい!

そして今回は約一年ぶりの役者をさせていただきま す(´ω`)久しぶりの舞台です、

そしてそして今回のモダンガールの役者とは全員初 めて共演します!ひゃー!

まあ、そんなこんなで毎日を過ごしております。楽 しいです。

もうすぐ文化祭公演、

が、体調を崩さないように過ごしたいと思います!

では!またお会いしましょう! なとこでした。

「文学青年やらその他諸々」(とゅもろー)

だんだんと寒くなり、マフラーが手放せなくなってきました。音響スタッフのとゅもろーです。



そうです。

なんと!今回!!わたくし!!!
音響スタッフなのです。

夏公演で広報宣伝、有志公演でも広報宣伝。本公演でも……と思いきや、です。

はて、この場面に合う音楽とは?と日々日々四苦八苦しつつ音探しの旅に出ております。何事も慣れぬうちは難しいです(´・_・`)
努力努力で頑張っていきたいです。

……そうそう、そういえばあと一週間もしないうちに文祭公演がやってくるらしいですよー。
とゅもろーは、劇団ダンボールと、早生なつきプロデュース#0に出るらしいですよー。何気に初役者らしいですよー……。
……こちらもよろしくお願いします\(^ω^\)( /^ω^)/


ではでは、最近「ドグラ・マグラ」が気になるとゅもろーでした。風邪にお気をつけを!!

「れっつ文祭!れっつ本公!」(KOSHO)

はい、てことでこんにちは。
最近冬服があまりなくて困ってるKOSHOでございます。
一応あるといえばあるんですが、これ!って思ったのが少ないんですよ。
だから半袖のポロシャツの上にジャケットを羽織るような感じで日常を送っていますが、夜はめちゃくちゃ寒いです。
なので、風邪を引かないようにいろいろと対策を練らないと....

みなさんも風邪を引かないように注意してください!昼はあったかいのに夜はめちゃくちゃ寒いってことがありますからね。

いきなり宣伝とさせていただきますが、今回文祭公演では早生さんのところと、真芝さんのところに出させていただきます。
本公では、真面目で変態なキャラをやらせていただくので、ぜひみなさんどちらともご来場いただければありがたいです。

以上、KOSHOでした!

「腹下し」(アイム)

どうも。
もうこういったblogを書くのもあと数回。

ついこの間まで腹を下しいていました。
ほんと圧倒的で、神秘的な痛さでした。

高熱も出まして、ほんと情けない限りです。
季節の変わり目で、寒くなってきたので、皆さんもお気をつけを。

ちなみに高熱が出たのは、高校一年生の10月以来、丸五年ぶりくらい。
豚インフルでした。

五年も引いてなかったんですね。
つまりこれから五年後は気を付けなければならないのですね。

東京オリンピック前ですね。
スポーツあんまり興味ないので、関係ないかもですが。
その頃には結婚しているでしょう!
そして社畜と化しているでしょう!
嫌ですね!はい!

そんな気ままに生きたいと愚痴をこぼす役、泉謙一郎役をさせて頂きます。

えぇ!最後の公演で、初めて本公演で役者です!
しかも二年ぶりの相方との共演です!
一年ぶりのエースとの共演です!
そして今後の期待の一回生との共演です!

えぇ!楽しみです!

今回は男版、女版と各3ステージとなっております!

もちろん、私、アイムは(名乗るのを忘れていました。)男版に出ます。

もしよければ....

私からチケットを!
えぇ!束で買っていただければ!
えぇ!幸いです!

どんな劇になるやらわかりませんが、楽しいものにしたいです。
なにせ、最後ですからね。
そう。正真正銘の「最後」です。

幹事長としても最後です。
もう引退です。

さよなら。


















ちょいと早いですかね。









でもさよならです。










さみしいなー















なんてあんまり思いません。













後輩たちが未踏座をよいものにしてくれるはずなので!




それでは12月初旬にお会いしましょう。
チケットについてはHP、Twitter等でご確認を!


あ、その前に文化祭公演が10/31、11/1、2にありますのでそちらにも!


それでは今回のblogはここまで!
さいなら~。

「どんな時も〜どんな時も〜」(B)

こんにちは、装置のBさんです。
非常に台風の多い日々でしたね。
やつはあちこちに爪痕を残して去りましたね。
まあしかしですね、台風が来ようが何が来ようが、どんな時も〜、わたくしめの情熱は熱いままですよ。
どんな時も〜、熱い想いを失くしたらそれまでなんですよ。諦めたらそれまでと某バスケ部の先生も言ってましたし!


前回の公演で装置のプロになりたいとか言ってた私ですが!まだまだ装置のプロになることは出来ないようです。ひじょうに悔しいですよ!!うおおおぉぉぉ!!まあ、諦めたりはしないですけどね!


今回の「絢爛とか爛漫とか」は登場人物のいろいろな葛藤を描いた物語。私は、登場人物の心情が痛いぐらいよく分かるレベルに彼らと同じ思いを抱いたことがあります。
誰もが抱くであろう思いを言葉にする。そういうお話だな。と私は思ってます。
文章力ないですね。よく伝わらないですね。ごめんなさい。とりあえず見てください。面白いです。




















はい、それはそうとみなさまお気付きでしょうか。私は今、槇原敬之の「どんな時も」を聴いております。
いい声ですよね。

「台風にはお気をつけを」(保田菜央)

ピンクだった保田
舞台監督だった保田
次は、主役を頂きました保田です。

主役を頂くなんて感激です。
夏公演もヒロインでしたけど。
あ、ヒロインだったんですよ!あれ!

今回のお話は、昭和初期の文士達のお話です。
珍しく、2編に分かれています。
モダンボーイ版。
モダンガール版。
モダンボーイ版は男しかでません。
モダンガール版は女しかでません。
男だけの空間。
女だけの空間。
2編とも観て、違いを比べるのも面白いですよ。

主人公・文香は才能のある人に嫉妬し、自分の凡庸さにもどかしく感じ、そしてそのもどかしさが凡庸さから来るということに感じて、更に自己嫌悪を抱く…というような本当に台風のように空気を乱す、でも、それだけ執着できるものがある素敵な女性です。
共感し得るところがいっぱい。
いやー凡庸凡庸。


そして、今回の公演で3回生の方がご卒団されます。
早いなあ。さみしいなあ。
やっぱり一番思い入れのある先輩方になるので、さみしい限りです。

そんな3回生の方々のためにも、もちろんご来場されるお客様のためにも、この二ヶ月頑張っていきます!

どうぞ、よろしくお願いします(`・ω・´ )

「役者とかスタッフとか」(よもぎまいち)

どうも皆様、最近は寒くなったり暑くなったりよく分からない日が続きますね。有志公演で腰を痛めた男、よもぎまいちでございます。今回は演出の名前に合わせて、平仮名にしてみました。

早いもので、もう十月。2014年も残すところ後三ヶ月ですね。今年は、装置チーフに役者に演出と、忙しく過ごしてきました。
そして、ついに今年の未踏座で最後の公演である本公演の準備が始まりました。

そんな本公演を今年は舞台監督として行います。小道具に制作に装置にと、いままで様々な部署を転々としてきましたが、今回私がする舞台監督は、簡単に言ってしまえばそれらの部署をまとめる人と言ったところです。

舞台監督は役者のように稽古をしてお客様の前に出て行くわけでもなく、他のスタッフのよう作業をしてなにかを作ったりするわけではありません。しかし、皆で舞台を作っていくためには、必要な存在だと思っています。公演の準備をしていく中で、何の問題もなく進んでいくなどということは、まずありません。だからこそ、そういった物事に対応したり、困っている人に何か助けとなることをする人が必要であるから舞台監督がいるのだと思います。

そうして、皆をまとめたり、助けたりしながら、その公演を無事に、そして素晴らしいものにするために、舞台監督は公演全体に責任をもってやっていかなければなりません。

本番まで残り二ヶ月程、まだ始まったばかりでどのような公演をお客様にみせられるかは分かりません。しかし、これから先の二ヶ月間に役者やスタッフの助けとなって、よりよい公演を行えるように力を尽くしていきます。

「(•ω•)>いえっさー」(真芝尤)

相変わらずタイトルに意味を求めません。真芝です。

前回は……と言うか実は二公演ぶりに未踏座で役者をやるのです。この二公演の間はお外の公演に参加してたのです。しみったれたおっさんの役と元チンピラの源氏の大将の役をやってました。いえい。

そして今回はなかなか自分の作品を書けない小説家の役をやらせて頂きます。

さらに私、今回初めて一回生と共演します。びっくり。

そして三回生とは最後の共演となります。さらにびっくり。

今年は時間が進むのが早いなぁ…

さて、そんなこんなで始まりました本公演。どうなるか楽しみです。


あ、因みに私11月の文化祭公演にて劇団尤小屋(いぬごや)と言うチームで脚本・演出・出演。哀・たかりんさんのチームに出演致します。宜しければそちらにも是非ご来場ください(宣伝)

「どりーむ」(みっくすべじたぶる)

こんばんは。

今回演出のみっくすべじたぶるです。

私は今公演をもって卒団です。

そんな、ラスト公演に持ってきた台本は
昭和初期が舞台で夢を追いかける若者たちの話です。

昔から好きなことに命を懸けてのめり込むそんな姿を見るのが大好きでした。
飽き性な自分には出来ないと思ってるからこそ強い憧れから好んでたのかなーと思います。

そんな自分は今演劇をしています。
演劇をやることは辛いです。
スケジュールが詰まってることは勿論。
精神的プレッシャー
死にたくなる時が何度もありました。
多分、団員みんな一度はそんな思いしてるのではないのでしょうか。
それでも辞められないのは本番を向かえた後の高揚感が忘れられないからなのかなーと思ったり。
あんなにみんなで創りあげてお客様にみていただけるなんて経験ないですものね。

まあ、そんな経験も今公演で最後。



夢に向かい悩み苦しむ若者の舞台を悩み苦しみながら劇団員一同でつくっていこうと思います。


みなさん、是非是非みにきてくださいノ(・ω・)ノ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。