スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あかねさす(B)

どうも今回の新入生歓迎公演「銀河旋律」にて役者をさせていただきますBです。
役者、大変ですね。

新入生歓迎公演とは文字通り、新入生を歓迎するための公演なのですが、僕たち一回生にとっては…。


この公演が終われば後輩が入団、僕たちは先輩になります。
もう今までのように子どものままではいれない。

僕たちにとって、最後の、「一回生」でいれる公演なのです。
これがどういう意味であるのか、そこの所をよく考えて今回の公演に臨みたいと思います。
そして、これを観た新入生が「ああ、すごい。演劇したい」
と、なるようなものを伝えれたらな。と思います。

はい、それでは!
今回はなかなか、きちんとした文章を書いてみましたBでした。

あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る(額田大王)



~Bさんのつぶやき~
今回、額田大王が少し関係してるんですよね。
去年のこの時期も、額田大王がBさん達の間でブームでした。
額田大王には、振り回される日々でさ。
スポンサーサイト

あたたかい(なとこ)


こんにちは。お久しぶりです、なとこです。

最近暖かいですよねー。すごく今の季節って好きです。
暑いのも嫌だし、寒いのも嫌だし、ちょうどいいというかなんというか。
私が入学する前、京都に引っ越してきたのもちょうどこのくらいの時期だったんですが、寒かった記憶しかないです。
しかも一日目は布団がないという中で、私の下宿生活はスタートしてました。
あれから二年です。はやいです。三回生です。びっくりです。はやすぎます。

そんな二年前、私も未踏座の新入生歓迎公演を観に行きました。演劇なんてほとんど関わったことのない私は、すごく演劇というものに圧倒されました。あのときと同じ気持ちで公演を観ることはもうできません。でもあのとき感じた気持ちはすごく気持ちのいいものでした。

あと本番まで少し!観てよかったと思える舞台を作れるように頑張っていきます!

世界と、(蓬真一)

どうも皆様、最近は気温が20度を超えるなど春が近づいてきているようですね。学生演劇祭でビデオ撮影をしていた男、蓬真一でございます。

この度の公演では、初めての照明スタッフを務めることとなりました。
照明といいますと伝わりやすく、理解はしにくいものではないかと思います。
舞台において照明は欠かせないものです。演劇以外にもライブや演奏会など様々な時に照明は使われています。
そんな中で演劇の照明というものはとても難しいものです。
装置が舞台を作ったり、衣装や小道具が様々な物を集めたりするとき、そこには形のあるものがあります。しかし、照明にはそのような形はありません。ですが、演劇が人の心に何かを残すとき照明が大きく影響していると私は思います。
教室の舞台が作られていればそれは学校の芝居でしょう。制服を着ていればその役者は生徒役でしょう。というように形あるものはその舞台上の世界そのものです。そんな世界の中で照明は様々な光を用いて、その世界を輝かせるものです。照明によって朝にも昼にも夜にもなります。部屋の中かと思えば水の中や火の海にでもなるでしょう。
演劇とは様々な役者が演じる芝居です。その中で照明はそのように世界を形作るだけでなく、役者を輝かせるものでもあります。役者が、役が、舞台上で喜び、哀しみ、怒る時に照明は色や範囲、照らし方など様々な方々で観に来てくださった方々へそれらをより伝わりやすくします。舞台があればそれが何の芝居かは分かるでしょう。しかし、照明が、なければそれがどんな演劇であったかはわからないと思います。

この度の公演は新入生歓迎公演。観に来てくださる新入生の多くが演劇というものを初めて観ることかと思います。
龍谷大学の大ホールにどれだけの世界が作り出されているのか。そして、私たちの照明がその世界をどれだけ輝かせることができているのか、ぜひとも観に来てください。
新入生の方も新入生以外の方も未踏座の新しい一年の始まりとなる公演へご来場をこころよりお待ちしております。

あ、3月も終わりに近づいてる 泣(森岡勇偉)


こんにちは、制作の森岡勇偉です。
新入生歓迎公演です。はい。新しく龍谷大学に入学した後輩がこの公演を見てこの未踏座に入りたいと感じさせるようにしたい大事な公演なわけですよ...‼︎(もちろん一般のお客様も大歓迎ですが)
今回はスタッフオンリーの森岡ですが、もう気が気でありません。僕自身おっちょこちょいなので、入ってきた後輩にいろいろ作業を教えられるように、おっちょこちょいなりに作業に一所懸命でした...。
とにかくこの公演、僕だけでなく未踏座員全員が一所懸命なので、どうか、どうか、どうか新入生歓迎公演「銀河旋律」にお越しください。
身長159...160cmの森岡でした。

私古典は苦手です。(noAn)


どうも、おはようございますこんにちはこんばんは~(*`・ω・´*)ノ

noAnです。名前戻しましたー!

なんと今回は初部署の宣伝美術です!!色んな部署を流浪してます!

さてさて皆様、チラシはお手に取っていただけましたか?なんと、今公演のチラシは私が(ほぼ)作りました!いえーい!

様々な所からお褒めの言葉を頂き、私舞い上がっております!(*ノωノ)ポッ


さあ、今公演恋愛要素ががっつりと含まれております。
恋愛要素が入ってるのは私がやってきたこの一年間、公演ではほぼありませんでした。なんだか新鮮です。
一人の女性を時間を越えて取り合う男達…
時間を遡ることが出来るなんて凄いですよね。出来ることなら遡ってみたいですよね。(`・ω・´)




新入生歓迎公演ということで!
去年、未踏座に入っていた私が!
遂に!!先輩になります!!!実感が湧きません!先輩として後輩に多くのことを教えられるか不安で仕方ありません!!
しかし、新入生が沢山この未踏座に入団してきてくれれば嬉しいです!
さあ来い新1回生!!!щ(・д・´щ)



勿論、公演には新入生以外の方も歓迎しておりますので、是非お越しください!


以上noAnでした!





p.s.
初部署の私はなんと初(?)音響オペですヾ(*ΦωΦ)ノ
文化祭で一度やったことあるのですが、大ホールは初めてです。兎に角頑張ります!!

私はスキをあきらめない(百合ヶ咲アイラ。)

こんばんは
百合ヶ咲アイラ。ともうしますm(__)m
そろそろブログかくのもなれたいんですけどね
なれないものです

さて今回の芸名はユリ熊嵐からいただきました
あーいうの大好きです
タイトルもその作品からです

が、今回公演する作品もスキをあきらめない人達のお話です
ボクの演じるサルマルもあきらめない男です
それぞれがどうあきらめないのかに期待してください

そしてボクは今回初音響です
見事にいろんな部署をまわらせていただいてます
すげー楽しいですね
自分の選んだ曲で進むストーリー
盛り上がるシーン
たんまんないですよね

それでは皆さんのご来場を心待ちにしております。
ガウガウ!

烏兎匆匆(貴船涼)

こんにちは、食欲と財布の中身が釣り合わず日々金欠に悩んでいる貴船涼です。


もう3月も半ばですか。
早いですね。
新入生歓迎公演に向けて、準備を着々と進めております。

今回も私は衣装小道具ですよー。
最近急に冷え込んだ中を衣装を求めて歩き回るのはなかなかつらいものがあります。寒い。
やりがいありますけどね。

こたつが欲しいよう。
こたつに入って移動したい。
コンセント?知らん。


…そんな話は置いておきまして、


去年の4月に見た未踏座の新入生歓迎公演。
もう一年が経ってしまいました。

あの頃の私は演劇の「え」の字もさっぱりきっぱり知らなかったわけですが。
今ではどっぷりです。

去年の今ごろの私には想像もつかないような経験がいっぱいできました。


未踏座の楽しさ、演劇の楽しさが、皆様に伝わればいいなあと思います。


新入生の方も、そうでない方も。
新入生歓迎公演「銀河旋律」。
ぜひ。



ちなみにこのブログのタイトルは四字熟語です。
「うとそうそう」と読みます。
月日が流れるのは早い、ということです。



あっという間に迎えてしまうのであろう本番当日、皆様のお時間を頂ければ幸いです。



それでは。

瞳を閉じればあなたが(南モナ)

どうも、前回はメンヘラツインテールをしてました。南モナです。


さて、今回の新入生歓迎公演ですが、私は舞台監督してます_(^∞^」∠)_≡≡≡≡≡


今まで広報宣伝(今回は制作、宣伝美宣伝美術で分かれてるんですよ!)しかやってなかったんで新鮮です٩( 'ω' )و
今までの舞台監督さんのことを思い出したり演出さんと話したり探り探りで動いとります。←


稽古場で演技を見てると、「あー、私が見た新歓公演から一年たつのかー。私にも後輩ができるのかー。」 と思ってます。
時の流れって早いっすね…


こんな感じで日々過ごしてます。
劇団未踏座新入生歓迎公演「銀河旋律」是非ともご来場下さい!お待ちしてます!




ちなみにタイトルはレミオロメンの3月9日から取りました。わたしのブログ担当が3月9日と知ってからタイトルは決めてました(`・ω・´)キリッ


思ったより長くなってしまいましたね。てへ。
以上、南モナでした!

恋しとは誰が名づけけむ言ならむー(保田菜央)

初めましての方は初めまして、お馴染みの方はこんにちは。
今回、演出を務めさせて頂きます、保田菜央です。

今回の未踏座はキャラメルボックスさんの「銀河旋律」を上演致します。

今公演、主人公はずっと走ってます。
愛する人を手放さないように。


主人公の柿本とともに私達未踏座員16名は公演に向かって走っていきます。
どうぞよろしくお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。