スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの時タイトル考え直してよかった。もう少しでとある劇団さんの第六回公演と……

未踏座HPが移転。と同時にブログも心機一転!
3月に入ってキリがいいからということらしいです。

なんだか新鮮味あふれますね♪
こんなに素敵なHP・ブログを新設するなどという芸当は、僕のような旧世代アナロゴイドには想像もつかないことです。

さすがは葛城さま!
よっ! 未踏座の誇る新世代デジタリアン!
本当におつかれッス!
ありがとう!!



さてさて。
そんな葛城も役者を務めます、新歓公演「夢をみる夜」のお話。
佐藤 忍とかいうクソ演出が、最近になって台本を改訂いたしました。
役者のみんながせっかく覚えかけていた台詞を変えたり、新しい動きを増やしたり。
スタッフ的にも本当にいい迷惑です。
今日も今日とて、稽古場では追加シーンに苦戦する役者が続出。
なんてこったい!

なんでも今回の台本は「星」がテーマだそうで。
主役の上原くんが前に「七夕の起源」みたいな壮大なことを言っとりましたが、あれはけっこうな誇張表現だと思いますよ?w
ただ、それが間違ってるわけでもありません。
確かに台本には織姫と彦星の話が出てきますし。
もっと言えば、オリオン座などの星座も出てきます。
七夕伝説に限らず、夜空の様々な星や星座には神話や地方の伝説が絡んでいるものです。
なので、いろんな星や星座のことを予習すればするほど味が出てくる劇になると僕は思います。


そういえば、龍谷大学の近くにプラネタリウムがあるとかないとか。
いや、まぁ僕も行ったことないのでよく分かりませんが……。
最近は家庭用プラネタリウムとかもあるそうで、それが付録になっている本を書店で見たこともありますね。創刊号だけ安価なアイツ。
どちらにせよ、星たちのお話には意外と簡単に触れることができる世の中みたいです。
便利なもんだ。



本日はこのへんで失礼します。
3月に入って少し暖かくなったように感じますが、まだまだ油断なさらぬよう。
最近は未踏座員も体調をくずす人が増えていますのでね。

以上、書き手は作・演出の佐藤 忍でした。
おやすみなさい。
良い夢を。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。