スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「台風にはお気をつけを」(保田菜央)

ピンクだった保田
舞台監督だった保田
次は、主役を頂きました保田です。

主役を頂くなんて感激です。
夏公演もヒロインでしたけど。
あ、ヒロインだったんですよ!あれ!

今回のお話は、昭和初期の文士達のお話です。
珍しく、2編に分かれています。
モダンボーイ版。
モダンガール版。
モダンボーイ版は男しかでません。
モダンガール版は女しかでません。
男だけの空間。
女だけの空間。
2編とも観て、違いを比べるのも面白いですよ。

主人公・文香は才能のある人に嫉妬し、自分の凡庸さにもどかしく感じ、そしてそのもどかしさが凡庸さから来るということに感じて、更に自己嫌悪を抱く…というような本当に台風のように空気を乱す、でも、それだけ執着できるものがある素敵な女性です。
共感し得るところがいっぱい。
いやー凡庸凡庸。


そして、今回の公演で3回生の方がご卒団されます。
早いなあ。さみしいなあ。
やっぱり一番思い入れのある先輩方になるので、さみしい限りです。

そんな3回生の方々のためにも、もちろんご来場されるお客様のためにも、この二ヶ月頑張っていきます!

どうぞ、よろしくお願いします(`・ω・´ )
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。