スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演劇祭(碧璃ユキ)



こんにちは、碧璃ユキです。今回私は芸名を変えようとか思いましたが変えませんでしたっていう話はどうでもいいですね。

今回、私は前回の夏公演に引き続き部署は照明を担当しております。ただ、チーフを担っております……チーフって大変ですね!!
照明のチーフはまだ楽と言われておりますが、ひいひい言ってます|ω`)
というのは、今回の演劇祭の劇は抽象的なものなので、照明でそういった抽象的なものを表すというか、そういうのが多いわけです。しかしまだ今回のものは照明変化は少なめと言われており……もっとすごいものがあると思うと、それをこなしちゃう人は本当にすごいし尊敬しちゃいます。
ただ、私も1回生なので、まだまだ未来の可能性があると信じて精進いたします……!

そして、先ほど今回の劇は抽象的と言いましたが、この話は本当に面白いし、いろいろと考えさせられる話だと私は思います。劇が終わったあと、ここのシーンの意味はこういうことかな、とか、この登場人物のこのときの気持ちって……、とかそういった自分の頭の中でいろんな捉え方ができるような話だなぁっと私自身は感じております。おもしろいです。

というわけで、京都学生演劇祭2016参加作品「懐かしき家」、みなさん是非見にいらしてくださいね。
それではこのへんで失礼しますっ|ω・)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。