スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有終完美(貴船涼)

こんにちは貴船涼です。
12月も1週間が過ぎてどんどん冷え込んできましたね。
秋なんてあっという間で、なかったような気がします。
秋の間は準備を重ねてきたからでしょうか。

今回の本公演が私たち3回生の最後の公演になります。
長いようであっという間で、なんならまだこれで終わりという自覚はわきません。
私は結局3年間ずっと衣装部署で衣装を考えてきまして。
色んなことを先輩から教わって、入ってきた後輩に教えてもらったことを受け継いで、自分なりに還元してきたつもりですが、全て教えられたかと言われると自信はないし、まだまだ一緒に活動したい気持ちはいっぱいあります。
でもいつまでもかかりきりではいけないし、自分たちで未踏座を担っていってほしい気持ちもあり。
置いていくのが惜しいような、手放してやったほうがいいような。
子離れできない親の気持ちだろうか。

寂しいけれど全力で後輩にもお客様にも向き合ってやり遂げることが今自分にできることなのかなと思ったりもします。

同期は…同期は別にいいや。
君たちが同期でよかったよ。うん。

今回の舞台は今まで自分がやってきた舞台の中でもなかなか衣装構成が大変だなぁという印象で、話し合いから実働まで後輩たちが主体になって動いてくれたのが嬉しかったり。
成長したんだなぁ…。

上回生から下回生へ、どの部署も受け継いで教えたもので、新たな場所で出来上がった舞台を当事者ながら眩しく感じています。
みんなで作り上げた本公演、是非ご来場くださいますと幸いです。



最後に愛しい後輩と、大好きな同期と、それからご来場くださるお客様に、最大限の感謝を込めて。
ありがとうございました。
これからの未踏座もよろしくお願いします。

ご来場お待ちしております。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。