スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ん…?このおさえたViolenceは…?


どうも、哀・たかりんです。
春の陽気が近づいてきた今日この頃
皆様どうお過ごしでしょうか?

最近本当に暖かくなりましたね( ´,_ゝ`)
チラホラと桜の蕾が開いているのを見るようになりました。
思えば昨年もこの時期位に春を感じていましたねぇ…(しみじみ)

そういえば、私 哀・たかりん。
今年の公演から全部に”最後の”が付きます…。
もしかしたら、僕が役者をするのは
今公演で最後になるかもしれません!
一つ一つの公演を大切に、噛み締めて、何より楽しんで
未踏座生活最後の一年、頑張りますのでよろしくお願いします!

いやはやそれにしても、この2年間色々あったなぁ………。
大学に入ってからもう、3回目の春になるなんて信じられません。。
あぁもう、一瞬でいいから時止めたい…


『ザ・ワールド!!!!時よ止まれ!!!』


……………………………………はぅあΣ(゜Д゜)!?
(イカン…こんなことしてたら制作さんに怒られる…)

真面目な話をしよう。←

そうなんです!
何を隠しましょう実は
本番までもう、残り2週間となっておりますです。
新入生の方々はもう、入学式が目前に迫ってきてドキドキだと思います!
僕達も本番が近づいてきて\ズキュウウウン/です!←←←

稽古の方もいよいよ佳境に入り
今週末には1回目の通し稽古があります!

Hey!提督!
ラストスパートデース!

う お お お お お!!!
みwwwなwwwぎwwwっwwwてwwwきwwwたwww

という訳で、短いですが

《今回はここまで》

です!

ではでは。

たい焼きは頭から食べる男
哀・たかりんの提供でお送りしました!

ヒューッ!


※写真は稽古場で波動を飛ばす笠原と嗤う演出アイム

一(蓬真一)

どうも皆様、送り送られる忙しい季節になりました ね。 先日、府立大学にいた男。蓬真一でございます。

一月前には新人公演を行いました。一月後には新歓公演が行われます。 ついに三月も中旬、他の方々もブログに書いており ますが、一年が経ち、平成二十五年度もほぼ終わり、新たな季節が始まろうとしています。

一年前の今頃と云えば、余りに何もしなすぎて、高校の卒業式以降のことは何をしていたか覚えてもいません。 唯一覚えていることと言えば、大学へ下見に来たときに未踏座が稽古をしているのを見かけたこと位です。

そんなボケッとした状態で始まった大学生活の中で、何かをしたいと思って入ったのが未踏座で、気付けば一年過ぎました。

そして今回の公演では、私、約七ヶ月ぶりの役者をやらせてもらいます。 学生という立場もありますし、一回生から二回生へと変わることや、公演が新歓公演であること等、 学生劇団として考えなければならないこともありますでしょうが、今やれることは、演劇に対して、精 一杯取り組むこと。そのことに必死です。

必死にやる、必死に頑張る。言うことや、やろうとすること、やれていると思うことは簡単ですが、必死にやって結果を出すのは簡単ではありません。特に演劇のような一人のちからでは出来ないものはそうでしょう。 残り一月の頑張りでどこまで出来るのか、一年の頑張りでどこまで成長出来たのか。 新たな生活の始まる季節に皆様にお見せ出来るよう、一日一日進みます。

演出に選ばれました、保田です。(保田菜央)

こんにちは。
保田です。

夏公演で役者をやり、有志公演で制作チーフをやり、文祭でチームを出し、本公演で宣伝美術チーフをやり、とうとう新人公演の演出になりました。

濃密な一年間ですねー。
1回生でこんな濃密な一年を送って良いのでしょうか。いやー、楽しくてたまんない。うへへ。


さて、今回のお芝居は鴻上尚史さんの「ハルシオン・デイズ」です。
自殺系サイトで出会った男女三人+αのお話です。
ハルシオン、屋上、月。
赤鬼と青鬼、光と影、生と死。
そんなお話。


保田菜央
真芝尤
蓬真一
立花りこ
みーる
立川潤
ェ㍉
エラシ者香
なとこ
有頂天な人

この88期生10人で一つの大きな舞台を作っていきます。見に来てくださった方に来て良かったと言って頂きたいです。
まだまだ力が無くて先輩方にもたくさんご迷惑をかけると思います。でも、先輩方の背中を追うだけにならないようになりたい、いや、なります。

がんばります。


皆様のご来場、心よりお待ちしております。


一生に一度の未踏座の新人公演!!!
楽しむぞー!!!
わーい!!!

思い残すことはない。姫も、退位の時です。


はてさて。
今公演で未踏座を卒団する千代姫です。

実は、あんまり卒団って実感が湧きません。やっと解放される!って気持ちならありますけどね(笑)

私は、元々役者をする気がなくて、スタッフとして未踏座で頑張ろうって思ったマイノリティな人間であります。

しかし、一回生と二回生の有志公演でロリータ役兼女子高生役(多分ヒロイン)と主人公の妹役をやらせてもらいました。
二回生の終わりには外部でも女子大生役(一応ヒロイン)をしました。

身長が、高いんですけどね。なんでか、年相応~年下ばっかりやってましたね。身長が高いことをこんなに恨んだことはありません。

役者をさせてもらった時も本当に楽しかったのですが、やっぱり私はスタッフしてる時が一番楽しかったです。特に去年の本公演で舞台監督をやったときですね。

全体を見て、舞台をより良いものに導いていくことを任せてもらえるのは、本当に幸せです。
一番素敵なポジションだと思います。

一回生で照明を学び、宣伝美術に飛び、制作をして、二回生では舞台監督をして、やりたいことは全部やりきって満足したので、三回生では隠居するはずが、思えば結局制作チーフと美術チーフをしてしまっていました。

結局最後まで未踏座で偉い奴を気取っていたわけです。なんて奴だ。

未踏座で学んだことは、「1人じゃ作れないものを誰かと共に完成させていく楽しさ」です。それから、これからも連絡をとっていたいと思える友人もできました。

振り返ることのできる思い出があるって、凄く貴重だと思います。私にとって、未踏座はそんな場所でした。

演劇は続けないつもりだったんですが、この公演が終わった後、私は大阪の道頓堀学生演劇祭に参加する劇的☆爽怪人間の舞台監督をすることになりまして…。

きっと、それが私の最後の公演になると思います。だから、未踏座のことに想いを馳せるのは、きっとその時になるかな。

後輩たちに、伝えたいのは。
どこまでも、「より良いものを目指す」ことを忘れないでほしい。すぐに二段階も三段階も上がらなくていいんです、でも私たちができなかったことを、後輩たちが実現してほしい。そしてまた、彼らができなかったことを、その下の子たちが受け継いでいくんだと思います。

現状維持って言葉は好きじゃありません。迷ってもいいから、大いに壁ドンすればいいです。それで得られるものがあるなら、手を伸ばすしかないんです。

私たちが卒団しても、ずっと未踏座は続きます。新しい未踏座の表情を、どんどん魅せていってくれることを期待して、私は胸を張って未踏座を去ろうと思います。

本日から、本番始まっております。

是非、私たちにとって未踏座での最後の公演を、お楽しみください。

真芝尤のブログ!

真芝尤(役者・国枝茂、装置チーフ)
【前髪が無いと不安になるのです】

つまり私は陰キャラなのです(・ω・)どやぁ

どうも、ブログのタイトルに30分くらいかかった結果konozamaさ!真芝です

あ、はい。タイトルの通り前髪が無くなりました。禿げた訳では無いです。切ったんです。というか絶対に禿げてやらんからな!(フラグ)

全く話は変わりますが、最近冷え込むようになってきましたね。冬派の真芝はワクワクしております

と言うか早く寒くならないですかね。早く暖かい羽毛布団に全身を包みたいです。あと炬燵

さて、次は何を話しましょうかね。え?公演について?あ、うん。ワスレテナイヨ?(棒)

えーと…………一週間後にアバンティさんで公演します!9階でやるのです!頑張ります!

んー、もう書くことは無いかな。まだいっぱいあるような気もするけど多分大丈夫でしょう。うん

というわけで一週間後にアバンティさんでお待ちしております。皆様、是非ご来場くださいませ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。