スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臆病なひと


こんにちは(´ω`*)

最近のデジタル化に全く追いつけていない、黒瀬悠麻です。


……ブログ、更新これであってる?あってる…??
新しいブログになって、ちょっとうろうろしてました。くっそ。デジタルめ。

最近はあれですね、新しい商品が出来て、それが話題になったかと思えばすぐに次の新しい商品が生まれる時代ですな。

うーん、おいちゃん追いつけないや!っていう気分っす(^-^;



さてさて、今回はですね。

前回ブログで(うっすら)触れましたが、
私が演じさせていただくベラトリックス姐さんについて紹介しようと思います。


ベラトリックスさんは、主人公達と敵対する事になる組織「オリオン」の幹部さんです。
私の好きな「戦う女の人」です!
17歳とまだ若いのに、武器をふるい戦っています……!
私が17歳の時とか、部活真っ盛りでしたよ。


ベラ姐は、同じくオリオンの幹部であるアルニタクさんとは違い、あまり感情を素直に表に出さない人だと私は思いました。

本当は色々な事を想い、悩み、嘆き、疑問を感じ……
自分のしている事が正しいのか、と思う事もあるでしょう。

なんたって、思春期真っ盛りの17、8歳ですからねー…。

ベラ姐は、それらを全部押し込めて、リゲルたんの命令にできるだけ忠実に動いてます。


それは、リゲルたんを慕っている、という理由もあると思いますが……

私はベラ姐は「自分の一度信じた道を疑う」事が怖いんじゃないかと思ったりするのです。


一度自分が信じた道を疑うという事は、とっても難しいと思います。

もしも自分の信じた道が間違ったものだと気づいてしまったら、今まで自分がしてきた事が、全て崩れてしまうから。

自分のしてきた事は間違っていたんじゃないか、ともしも気付いてしまったら……

その時ははたしてどうなってしまうのでしょう。


しかし、その事を突き詰めなければ。
自分の中の想いと向き合う事をやめ、現実から逃げてしまえば、そんな恐怖を感じる必要はなくなります。

だから、ある意味で「臆病」になってしまってる、んですかねー…。

なんか、あれですね。
好きな人と結婚したはいいけど、生活していく内に相手の見えなかった面が見えはじめて、「こんな人じゃなかった」って思うけど、結婚しちゃったから後戻りできないこの感じ??
あれ、ちょっと違うか…??


そんなベラ姐がこの劇中でどんな答えをだすのか…、どんな結末を迎えるのか……

については、是非舞台を見て、皆さん自身で感じてもらいたいです(゚ω゚*)

感じ方はそれぞれだと思う、うん!

なんか中途半端なブログになってしまいましたが、とりあえず残り3週間ちょっと、頑張っていきたいと思います。

それでは、また。

みなさんこんにちわ。
めぐるです。どんどんと暖かくなる今日この頃ですね。もう春が直ぐ側で出番を待ってウズウズしてるって感じです。
昔から三月の雨は降る毎に春を呼ぶといいますね。
今滋賀県は近江八幡のとある場所で絶賛馬車馬の如く働いております。風が今夜は凄いよ。これは春一番?

そうそう。滋賀県といえば琵琶湖ですよね。ちょうど琵琶湖が綺麗に見える場所にて絶賛馬車馬の如く働いております。
仕事の合間に見る琵琶湖は本当に綺麗です。デカデカとした真っ黄色の月にゆっくりと湖面を照らされる琵琶湖。雪が降り積もる山々を遠くに見る琵琶湖。夏の夕立の後に二重の虹がかかった琵琶湖などなど色んな表情を持ってます。
芝居もそうです。作る過程で色んな表情が見えてくるもの。良い面も悪い面も全部ひっくるめてその公演や芝居作りを楽しめたら素敵ですね。

それでは今回はこの辺で。
あ、そうだ。サロンパスを誰かください。砕石を運んでいて腰を痛めました。

おしまい。

油断できない。

皆さんお久しぶりです(?)

青瀬 悠役の宵闇幽玄です。

最近は暖かい日が続いていましたが、昨日は雨のせいかメチャクチャ寒かったです。
油断していつもより薄着だったから大変な目にあいました(>_<)

その日は朝から夜までの練習だったので疲れました。でも、ガッツリ練習時間があれば納得いくまで練習出来るのが良いですね(*^^*)

本番まで一月を切ってどんな新入生が観に来てくれるのかワクワクしてます。そうゆうのを考えるだけで自分のモチベーションが上がってくるってもんです。

今、練習をしている時間がホントに楽しいです(^-^)/

ヒーロー


再びまわってまいりました。

朱鳥役のアイムです。

みっくすさんよ
面白いのだと?ん?
僕にふっちゃダメだよー

そんなのね、あたしゃムリダヨ
たぶん拾いきれないね、ウン

うーん面白いねぇ...

そうですね。
最近は「獣電戦隊キョウリュウジャー」を見てます。

今回のお気に入りはキョウリュウブルーです。
32歳のなんでもやさんです。
妹さんと姪っ子ちゃんと一緒に住んでて家族のために必死に頑張ってるおっちゃんです。

おいおい三十路越えてかよっ
って思いましたが、そこに惹かれてしまいました。
だって32歳ですよ!?
すごくないですか!?
最近のヒーローみたいに決して若くないんですよ!?
役者さん自身の年齢はわかりませんが...
やはりブルーは正義ですな。
ブルー大好き。

んでもって
今回はやすやすと互いに正体を明かさない感じで進んでいってて、おぉ!!ってなりましたが、次回四話ではもう全員が正体を知るみたいです。
残念...もうちょっとじらしてもいいのに...

ガブリボルバーっていう銃でサンバ躍りながら「キョウリュウチェンジ」って叫びながら変身します。


サンバとは恐れ入った(´Д`)





サンバとは恐れ入った(´Д`)





最初は「?!?」って思っても見ていたらつい馴染んでしまうんですよねー。

ガブリボルバー欲しいなー...

確か3800円くらいだったかなー...


まぁ今回ももちろんのことわかりやすく悪をこらしめるわけですけど、正義ってなんなのかってよく話題になってる気がします。




「夢をみる夜」でも正義正義言ってます。ジャスティスジャスティス。

全員自分が正義って思ってると思います。いないはずないです。
だから戦うんです。

誰も自分を悪とは思わない。

スーパー戦隊シリーズの悪みたいに俺(ら)は悪って思ってない。


無論、俺(朱鳥)も悪じゃなく正義って思ってます。
世界を救うヒーローだと確信しています。
口には出しませんけどね。

...あぁ正義っていう台詞はありますけどね!


皆さんも自分なりの正義を「夢をみる夜」で見つけてみてください。


すいません、全然稽古場ブログじゃないですね。
つい戦隊シリーズになるとね、はい。

面白いから掲載される集○社の少年ジャソプじゃないから許してください。ひぃ~。



では悠お父さんへpassだー。




ちなみに一番大好きなシリーズは第17作品目の「五星戦隊ダイレンジャー」です。
拳法使ってちょーかっこいいです!
あれくらいかっこいいのがお見せできるように全力を尽くします!

それでは!

最近暖かくなってきた!

こんばんにちは。
或から突然MB(無茶ぶり)をされた夏夜役のみっくすべじたぶるです。

私笑われるのは得意ですが、笑わせるほうは全然なんで
面白い記事は次の朱鳥役のアイムに任せます。

さて、何を書こう...


私凄い受け身な人間なのですよ。
致命的なくらい!
だからね、私が演じたらどうしても受け身な
かよちゃんになってしまっている気がするのです。
でもかよちゃんって自ら進んでくタイプなんですよ。
はて...どうしたものか。

まあ、そんなことを悩みながらも
違うからこそかよちゃんは私の憧れであるので目指せればいいなー


では、お次は前に述べましたように朱鳥役のアイムです!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。